マダニ(SFTS)情報まとめ、厚生労働省・都道府県庁別など一覧

公開日: : 調べてみた

マダニ

マダニの感染症(SFTS)に関する厚生労働省と関連するホームページまとめ、各都道府県庁別の情報まとめ(リンク集)です。

一部の都道府県庁でマダニ(SFTS)についての詳細な情報ページが不明のため、関連する情報サイトへのリンクとなっています。ご了承ください。

リンク先にはPDFファイルで配信されている情報もあります。ご覧になれない場合は、Adobe Reader(無料)をダウンロードしてください。

Adobe Reader ダウンロード
documentPC版
documentモバイル版
スポンサーリンク

目次の[表示する]をクリックすると、リンク先の一覧表示します。

photo credit: origami_potato via photopin cc

厚生労働省

厚生労働省

厚生労働省|重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
1 一般の方向けの情報 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A 2 自治体、医療機関向けの情報 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの国内分布調査結果(第二報)について 3 報道発表資料の一覧 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の症例のまとめについて…

国立感染症研究所

国立感染症研究所

国立感染症研究所|マダニ対策、今できること
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関連して、一般の方向けのマダニ対策に関するパンフレットを作成致しました。1.マダニの生息場所 2.マダニから身を守る服装 3.マダニから身を守る方法 4.忌避剤の効果 5.参考資料 5-1.マダニの分類とマダニ媒介感染症 5-2.マダニ媒介SFTSとは 5-3.マダニの生活環…

北海道

北海道

北海道|重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
ダニ媒介性の新しい感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)が、日本国内で発生しています。ウイルスを保有するマダニに咬まれることにより感染する疾病です。これまでのところ、SFTSの患者は、西日本を中心に発生していますが、国立感染症研究所の調査で患者が報告されていない北海道でもSFTSウイルスを保有した…

東北地方

青森県

青森県|つつが虫病・重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に注意しましょう!
つつが虫病はダニの一種のつつが虫により媒介される感染症ですが、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は2011年に初めて特定された、マダニによって媒介される新しいウイルス(SFTSウイルス)に感染することによって引き起こされる病気です。主な症状は発熱と消化器症状で、重症化し、死亡することもあります。国内…

岩手県

岩手県|(注意喚起)重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
重症熱性血小板減少症候群(severe fever with thrombocytopenia syndrome: SFTS)は、SFTSウイルスに感染することによって引き起こされる病気です。国内では、平成25年1月に患者(平成24年秋に死亡)が初めて確認され、昨年1年間に西日本を中心に40名の患者が…

秋田県

秋田県|マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)については、下記の厚生労働省ホームページを御覧ください…

宮城県

宮城県|ダニ類が媒介する感染症に注意しましょう
人が,野外作業や農作業,レジャー等で,ツツガムシやマダニなど(以下「ダニ類」という。)の生息する場所に立ち入ると,これらダニ類に咬まれることがあります。咬んだダニ類がウイルスや細菌などの病原体を保有している場合,咬まれた人がそれら病原体に起因した感染症を発症する場合があり,国内では,つつが虫病や重症熱性血小板減少症候群…

山形県

山形県|つつが虫病及び重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の予防について
薄着で山や田畑で作業をする時期を迎え、つつが虫病等の感染が増える時期となりますので、予防法、症状などを知っていただくため、注意喚起のプレスリリースしましたのでお知らせします…

福島県

福島県|重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
ダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の症例が国内で確認されました。草むらや藪などダニの生息する場所に入る場合は十分に注意してください。重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは主にSFTSウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染する病気です。マダニに咬まれて感染してから発症まで…

関東地方

茨城県

茨城県|いばらきの感染症情報
つつが虫病に注意しましょう(PDF形式64KB)…

栃木県

栃木県|重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
2011年に中国の研究者らによって発表された新しいウイルスによるダニ媒介性感染症です。2013年1月に国内で海外渡航歴のない方が重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に罹患していたことが初めて報告され、それ以降西日本を中心にSFTS患者が確認されるようになりました。<病原体>SFTSウイルス(ブニヤウイルス…

群馬県

群馬県|重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
マダニを介して感染する新しい感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」が、日本国内でも発生しています。SFTSは、近年特定された新しいウイルス(SFTSウイルス)に感染することによって引き起こされる病気です。今般、厚生労働省の研究班が調査した結果、SFTSウイルスを保有するマダニは、既に患者が確認…

埼玉県

埼玉県|屋外活動でのマダニ刺されに注意しましょう
マダニ媒介による「重症熱性血小板減少症候群(Sfts)の感染」が国内で確認されております。マダニは県内の草むらや藪などにおいても生息しており、刺された場合、感染の可能性がありますので、屋外活動の際は注意しましよう。マダニに咬まれないために草むらや藪などマダニが生息する場所に入る場合は、長袖、長ズボン…

千葉県

千葉県|身近な衛生動物:マダニについて
私たちの身の回りにいる、身近な動物や、昆虫達の中には、人間に病気を引き起こすものも少なくありません。今回は、そのなかのマダニと日本紅斑熱についてお話します。マダニとはダニ類の中では大型で吸血性のダニです(写真1)。広く山野に生息しており、千葉県では南部の丘陵に特に多く見られ、本来自然動物である、鹿や…

東京都

東京都|マダニ
マダニは山林や草むら、ヤブなどに生息しており、生息場所に近づいた動物や人に寄生し吸血します。生態マダニの体長は、種類にもよりますが、成ダニでは吸血前で3~8ミリメートル、吸血後は10~20ミリメートル程度です。吸血期間は長時間(数日から、長いものは10日間以上)で満腹になると自分から離れますが、それ…

神奈川県

神奈川県|重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
現在、西日本(九州・四国・中国・近畿地方)でダニ媒介性疾患「重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome:SFTS)の患者が2013年春(マダニの活動開始時期)以降、28名(8月26日時点)報告されております。厚生労働科学研究における…

中部地方

新潟県

新潟県|ダニが媒介する感染症に注意しましょう
ダニが媒介する感染症というと、つつが虫病がよく知られていますが、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)もダニが媒介する感染症です。SFTSのウイルスを運ぶマダニは体調3~4㎜で、刺されても気付かない場合もありますが、血を吸った後は体長10㎜程度の大きさになります。血を吸っているマダニを見つけたら、自分で引き抜かず…

富山県

富山県|ダニに注意しましょう
ダニには、多くの種類がいます。その中のマダニ類やツツガムシ類は、食品等に発生するコナダニや衣類や、寝具に発生するヒョウヒダニなど、家の中に生息するダニとは種類が異なり、野外のやぶや草むらなどに生息し、人を含む動物の体表に付着し吸血します。マダニ類は日本紅斑熱やライム病などの病原体を、ツツガムシはつつが虫病…

石川県

石川県|重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
マダニによる感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」が日本国内でも発生しています。主な症状は発熱と消化器症状で、重症化し、死亡することもあります。SFTSには多くの場合、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染します。このため、患者はマダニの活動期である春から秋にかけて発生しています…

福井県

福井県|野外で作業などを行う場合は、ダニ類に咬まれないように注意しましょう!
福井県内で採取されたマダニ類からSFTSウイルスが確認されています。SFTSとは?2011年に初めて特定された、新しいウイルス(SFTSウイルス)に感染することによって引き起こされる病気です。主な症状は発熱と消化器症状(食欲低下、嘔吐、下痢、腹痛など)で、重症化し、死亡することもあります。有効な抗ウイルス薬…

山梨県

山梨県|国内で確認された新しいダニ媒介性疾患「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」について
中国において2009年頃より発生が報告され、2011年に初めて原因ウイルスが特定された新しいダニ媒介性疾患「重症熱性血小板減少症候群(SevereFeverwithThrombocytopeniaSyndrome:SFTS)」の症例が、全国で確認されております。感染の原因となるマダニは、主に森林や草地など…

長野県

長野県|長野県感染症情報~トピックス~
「つつが虫病」はツツガムシ類、「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」はマダニ類にかまれることで感染します。ダニの活動が盛んな春から初冬にかけて注意が必要です。ダニが生息する場所(草むらや藪など)に立ち入る際には、長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴を着用し、肌の露出を少なくするなど、ダニにかまれないよう…

静岡県

静岡県|マダニに咬まれないよう注意しましょう
ダニ媒介性疾患「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」とは、平成23年に初めて特定された新しいウイルス(SFTSウイルス)に感染することによって引き起こされる病気です。平成25年1月に山口県で最初の患者が確認され、その他西日本の12県でも患者が確認されました。静岡県では、これまで患者は発生していませんが、国の…

愛知県

愛知県|重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の国内発生について
中国において2009年頃より発生が確認され、2011年に初めて原因ウイルスが特定されたダニ媒介性疾患「重症熱性血小板減少症候群」の症例が、2013年1月、国内で初めて確認されました。2013年2月末現在、5名の患者(山口県、愛媛県、宮崎県、広島県長崎県在住であった方)が確認され、いずれも平成17年秋から…

岐阜県

岐阜県|マダニが媒介する感染症
マダニ(フタトゲチマダニ等)が媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome:SFTS)」が、西日本を中心に報告されています。※「マダニ」は、家庭内に生息するダニとは種類が異なります。固い外皮に覆われた比較的大型のダニで…

近畿地方

三重県

三重県|三重県感染症情報センター
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について(厚生労働省)…

滋賀県

滋賀県|ダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは、2011 年に初めて特定された、新しいウイルス(SFTS ウイルス)に感染することによって引き起こされる病気です。主な症状は発熱と消化器症状で、重症化することもあります。SFTSは、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染します。このため、患者は…

京都府

京都府|マダニにご注意ください
平成26年2月25日付で、厚生労働省から重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの国内分布状況についての情報提供があり、下記のとおり、京都府を含む道府県で、SFTSウイルスを保有するマダニ等が発見されました。ついては、春に向けてマダニの活動が活発になりますので御注意ください。九州から北海道の26道府県で…

大阪府

大阪府|大阪府感染症対策情報
平成25年(2013年)1月30日、重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome、SFTS)という新しいウイルス感染症の国内初症例が山口県より報告されました。その後中国、四国、九州を中心に症例が報告されていましたが、8月6日、近畿初となる…

兵庫県

兵庫県|マダニ注意!重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
兵庫県内で重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の患者が出ています。SFTSは、日本に広く分布するマダニによる咬傷で感染します。マダニは森林や草地等の屋外に生息しており、衣類や寝具、食品などの屋内発生するダニとは異なります。SFTSは2011年頃、中国で報告されたブニヤウイルス科フレボウイルス属に分類され…

奈良県

奈良県|マダニ感染症について
ウイルスを保有しているマダニに咬まれることで感染します。マダニは日本国内に分布し、主に屋外に生息(家庭内で生息するダニとは種類が違います)野山や山林での作業、散策等でマダニに咬まれないよう注意!犬などのペットにも付着して吸血・・・散歩から帰ったら要確認マダニに咬まれないためには・・・長袖長ズボン手袋を着用し…

和歌山県

和歌山県|マダニ注意!重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
西日本を中心に重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の患者が報告されています。重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome : SFTS)は、2011年に初めて特定されたSFTSウイルスに感染することにより引き起こされる病気です。日本国内で…

中国地方

鳥取県

鳥取県|重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
2013年1月、国内で初めて重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルス感染による患者が発生し、その後西日本を中心に2013年で40名の患者が報告されています。また、国が実施した発生地域などにおける全国調査において、マダニ等がウイルスを保有していることが確認されています。県内での報告例はありませんが、野山や…

島根県

島根県|マダニに咬まれないように注意しましょう!
春から秋にかけてマダニの活動が活発になります。森林、草むら、やぶ等に入る場合は十分に注意することが必要です。※マダニ類は、硬い外皮に覆われた比較的大型(成ダニでは、吸血前で3から8mm、吸血後は10から20mm程度)のダニで、主に森林や草地等の屋外に生息しており、市街地周辺でも見られます。SFTSウイルスを保有…

岡山県

岡山県|【注意!】岡山県内で『重症熱性血小板減少症候群(SFTS)』の発生がありました。
2013年7月23日、岡山県南部において、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の発生がありました。岡山県では、2013年7月12日に続き、2例目の発生となります。発熱や倦怠感、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)などが現れ、血小板や白血球が減少し、重症の場合は、肝腎障害や多臓器不全を来して死に至る…

広島県

広島県|マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の予防方法,相談窓口について
平成23年に初めて特定された、SFTSウイルスに感染することにより引き起こされる病気で、主な症状は発熱と消化器症状で、重症化し、死亡することもあります。中国では、平成21年以降、7つの省で症例が報告されています。SFTSウイルス自体は、以前から国内に存在していたと考えられますが、平成25年1月に初めて…

山口県

山口県|ダニ媒介性疾患の予防に関する県民への注意喚起について
ダニ媒介性疾患の予防に関して、県民への一層の注意喚起を図るため、山口県環境保健センターが管理している山口県感染症情報センターのホームページ「ダニ媒介性疾患の予防について」及び「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を、下記のとおり更新するとともに、啓発用リーフレットを更新しました。県としては、引き続き…

四国地方

徳島県

徳島県|春に向けてダニ媒介感染症(重症熱性血小板減少症候群・SFTS)に注意が必要です!
春に向けて、ダニの活動が盛んになります。「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に感染しないよう注意してください!中国において、2009年頃より発生が報告され、2011年に初めて原因ウィルスが特定された、新しいマダニ媒介性疾患の感染事例、現在では50例近く発生しており、徳島県内でもこれまでに2例の感染者…

香川県

香川県|重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
重症熱性血小板減少症候群とはSFTSウイルスを保有しているマダニに咬まれることにより感染します。平成21年以降中国で報告され,日本でも平成25年1月以降,数名報告されましたが,ウイルス自体は以前から国内に存在していたと考えられています。症状潜伏期は(マダニに咬まれてから)6日~2週間程度。原因不明の発熱…

愛媛県

愛媛県|重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは、2011年に初めて特定されたSFTSウイルスに感染することによって引き起こされる病気です。主な症状は発熱と消化器症状で、重症化し死亡することもあります。日本では2013年1月に初めて患者(2012年秋に死亡)が確認され、その後過去にさかのぼって調査したところ…

高知県

高知県|県内における「重症熱性血小板減少症候群」の症例確認について
県内において、重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome:SFTS)と考えられる3例目の症例が確認されました。今年発症した初めての症例となります。本事例は、今年5月に発症した症例であり感染経路については不明ですが、SFTSは多くの場合…

九州地方

福岡県

福岡県|マダニによる感染症に注意しましょう
マダニは春から秋にかけて活動が活発になりますので、感染を予防するため、以下のことに注意してください。(これらの予防方法はツツガムシにより感染するつつが虫病の予防にも有効です。)マダニによる感染症を予防するにはマダニに咬まれないようにすることが重要です。草むらや藪など、マダニが生息する場所に入る場合には…

佐賀県

佐賀県|マダニによる感染症に注意しましょう
<SFTSの感染経路>ウイルスを保有しているマダニに咬まれることによって感染するといわれています。また、中国では、患者の血液や体液との直接的接触による感染も報告されています。<SFTSの症状>ウイルスを保有しているマダニに咬まれた後、6日から2週間程度の潜伏期間を経て、主に発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気…

長崎県

長崎県|ダニ媒介感染症について
予防対策マダニに咬まれないようにすることが重要で、特にマダニの活動が盛んな春から秋にかけては注意しましょう。これはSFTSだけではなく、国内で毎年多くの報告例がある「つつが虫病」や「日本紅斑熱」など、ダニが媒介するほかの疾患の予防のためにも有効です。草むらや藪など、ダニが多く生息する場所に入る場合には…

熊本県

熊本県|ダニ媒介性疾患に注意~春から秋にかけ、マダニの活動が活発になります~
SFTSは、SFTSウイルスを保有するマダニに咬まれることで感染するといわれ、感染予防策としてはマダニに咬まれないようにすることが重要です。春から秋にかけて、マダニの活動が活発になりますので、森林や草地などマダニが多く生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用するなどマダニに咬まれないよう十分な…

大分県

大分県|国内で初めて確認された重症熱性血小板減少症候群について
重症熱性血小板減少症候群にかかると、どのような症状が出ますか?原因不明の発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が中心です。時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)を起こします。この病気にかからないために、どうように予防…

宮崎県

宮崎県|重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するお知らせ
ウイルスを保有するマダニに咬まれることにより感染すると言われています。感染予防対策としては、マダニに咬まれないようにすることが重要ですので、草むらや藪など、マダニが生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴を着用して肌の露出を少なくするようにしましょう。マダニに咬まれた後に、発熱等の…

鹿児島県

鹿児島県|マダニの感染症「重症熱性血小板減少症候群」に注意しましょう
マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」について,県内でも5例の患者が確認されています。今後,マダニの活動が盛んな時期(春から秋)になることから,森林や草むら,藪などに入る場合には十分注意することが必要です。長袖・長ズボン(シャツの裾はズボンの中に,ズボンの裾は靴下や長靴の…

沖縄県

沖縄県|沖縄県感染症情報センター
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の国内での発生について→ 通知 / IASR(速報) / ファクトシート / Q&A…
スポンサーリンク
  • Pocket
  • follow us in feedly
  • “コゴロー”のツイッター

お役に立ちましたでしょうか?
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

関連記事


photo credit: Cassandra Leigh Gotto via photopin cc
関連記事はありませんでした。
只今、執筆中です…

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

“コゴロー”のツイッター キジシロを購読する follow us in feedly
マダニ
マダニ(SFTS)情報まとめ、厚生労働省・都道府県庁別など一覧

マダニの感染症(SFTS)に関する厚生労働省と関連するホームペ

寝る猫
猫を長生きさせる秘訣!絶対にダメな4つの食べ物

猫を元気に長生きさせる秘訣は「食べ物」と「飼う環境」、そして愛

すやすや眠る生後1ヶ月半の“風太郎”
子猫のワクチン接種で気をつけたこと、失敗したこと

“風太郎”!これからワクチン接種に行くゾ!! さ、キャリ

“風太郎”の肉球
あっという間!子猫の歯が生え変わりはじめたらどんどん抜ける

噛みっ!噛みっ!むっふーーーー! (たーーーのしーーーー

コード0003(通称ステ子さん)
STINGER3のカスタマイズしたい場所を、CSSの中から見つける方法

WordPress の無料テーマ STINGER3 を、子テー

もっと見る

PAGE TOP ↑